イタリアンチャームの作り方/PAW191

PRINTWORK
https://tsu-han.promos.co.jp/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

10年以上前にハマったイタリアンチャームの作り方です。画質が悪いのですが写真が残っていたので掲載します。ハートのウォッチは生産終了ですが、まだチャームはPAWの工場が作ってくれてるみたいなので御紹介しますね。ランダムに風水カラーを入れたりしても良いかなと思います♥

イタリアンチャームとは?

何故か日本では浸透しませんが、小さなチャームをつないでブレスレットやキーホルダーにする楽しいアクセサリーです。
zoppiniなどイタリアのブランドが有名です。


無地のチャームをつなげると、こんな感じです。
この小さなチャーム(9㎜)の中にデザインをプリントしてくれるのですが、恐ろしく手間がかかるので工場が途中で取り扱いをやめたみたいでした。
(たぶん)ebayで販売する人たちのリクエストで最近また復活した感じかなと勝手に推測してます。
15年ほど前、アメリカではチャーム屋さんとしてネットショップを出してる人達がかなりいらっしゃいました。
当時はebayに自分のショップをリンクさせて派手に日本の漢字シリーズや家紋シリーズを売ってる方も見かけましたが、PAWの香港工場が生産をやめたので一気になくなりました…
ebay イタリアンチャーム関連商品

販売手段もAmazonやshopifyなど越境ECの手段が増えた今、日本のハイクオリティなデザインを海外に輸出するチャンスだと感じてます。
(ちなみに、shopifyはトラッキングコードをリンクできるので特に便利です。)

9mmチャームのデザインを作る。

あまりに小さすぎて、正直デザインにこだわらない方がいいです。写真やイラストは推奨しません。

これまた画質が悪くて申し訳ないのですが、チャーム内のイラストの「顔」はのっぺらぼうです。もともと淡い色合いのイラストだった事もありますが実寸で見ると「人かな」という程度です。

今回はPAW86で作った円形のチャームウォッチ用にデザインをしてみることにします。

デザインを配置します

これが工場から配布されているテンプレートです。

テンプレートをPhotoshopで作り直して、デザインを配置しました。チャーム枠内は透過しています。
上の3列は黒で作ってみます。

出来上がりのイメージです


この程度のデザインなら潰れることもなく、すっきりと仕上がると思います。イニシャルや数字などもお勧めですが好みなので、色々とトライして頂くと楽しいと思います。


これは工場のサンプルです。デスクトップのPCで見るとイルカがジャンプしたり、クッキリ写真が入ってるように見えますが実寸は9mmです。
たぶん実際には色のインパクトだけ強く、ゴチャゴチャした写真のイメージが強いような気がします。ですが、あくまでも好みですのでお気になされず!

では、楽しいイタリアンチャームライフをお過ごしくださいませ♪

詳細は下記ページをご覧ください。価格は会員登録後に表示されます
(登録は無料ですが基本的にネット販売を目的とされる方のショップです)

EC・通信販売のベストパートナー
仕入れと商品制作は通販専科商品部へ

COLIMA

COLIMA

プロモスジャパン㈱代表/OEMプロデューサー、ブランドマネージャー、テキスタイルデザイナー

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。