すべての人がインターネットビジネスを始められる為のプロジェクト

通販専科というプロジェクトをスタートした背景

日本の流通の仕組み

私が15年前ネットショップでドロップシッピングサービスを始めた頃、日本では「ドロップシッピング」という言葉が殆ど知られてませんでした。
日本では昔から「問屋さん」という代理店が二次、三次とあり消費者に届くまでに各々が利益を乗せて売る仕組みになっています。
薬局、食品、雑貨、全てに問屋(帳合い)が存在します。業種によって呼び方が異なりますが、各問屋によって卸価格も異なるので小売店は商品ごとに問屋を使い分けます。

このように日本は非常に複雑な関係の流通になっていますが、私が知る限り海外では問屋という業者が存在しません。
約20年前、コストコやカルフールなど海外の小売店が日本に参入してきた当時、メーカーとの直接取引きを条件にして業界で話題になった事があります。
最近は問屋の役割をするメーカーも増えてきており少しずつ変わってきてますが、日本の商品売価が高くなりがちなのは流通の仕組みだと思って良いかと思います。

ネットショップでも商品を販売するには仕入れを安くしなければ利益が出ませんが、実際の問屋さんはメーカーとの契約、小売店とのコミュニケーションで成り立っており個人に直販は難しいのが現状です。
今後ますますインターネットの需要が進み、商品の売買をウェブ上で行う事は避けられなくなります。
「通販専科」という事業は、私たちの長年の貿易経験を活かし「どこにいてもショップの管理が出来る」ドロップシッピングシステムを、より多くの人達に提供したいと考えて立ち上げたものです。
次世代の為に「すべての人達がインターネットビジネスを始められる仕組み作り。」がミッションとなっています。

——————————————–
Amazon ドロップシッピングポリシー https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/G201808410?language=ja_JP
——————————————–

通販専科の役割-ブランド構築

「マーケティング」は、単に広告を出したり宣伝をする広報活動の事ではありません。原点である「市場機会」の模索、細分化を丁寧に行わなければ広告費も無駄な投資になってしまいます。
弊社では現実の流通業界やEC運営、貿易事業を通して得てきた経験と、マーケター、ブランドマネージャーの視点から「固有のビジネス」の提案や環境作りのサポートを行っています。

「通販専科」においてはドロップシッピングのみならず、より多くの人達がインターネットを活用したビジネスを始めることが出来るように「サイト制作」から「商品の提供」まで網羅し、販売方法を体系的にサポートすることでクオリティの高いEC市場に貢献できるものと思っています。

海外とのビジネスは、今後の日本の大きなテーマにもなっています。
実際に海外は日本の何に魅力を感じているのか、ベネフィットはどこにあるのか。
正しい情報と知識を得る事で、効率の良い海外ビジネスをスタートすることが出来ると考えます。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。